広告っていうのは、ただ目立つだけのものではいけません。
デザインというのは、ただ素敵であるだけでは意味をなしません。

どちらにも共通しているのは、「理解しやすいこと」っす。
“見やすい” “読みやすい”それが大前提ですので、目的を見失っては本末転倒ですよね。
きっと、目立ちたい。美しいものを作りたい。が目的ではなく、商品であったりサービスであったり
あなたのお店や企業を売り出すために作るのだと思います。

しか~し!
そんな難しく考えなくとも、“読んでもらえる確率が、非常に高い媒体”が一つあるのですよ( ^ω^ )
それは名刺です。

店名と住所、電話番号。そしてあなたの肩書きとお名前が書いてあるだけの素っ気ない名刺は捨ててしまいましょうよ
せっかく目にしてもらえる確率の高い広告媒体です。
強烈にあなたのお店を売る宣伝ツールとして活用しましょう。

1番名刺を使い倒しているのは、営業職の方ですかね?
で、あるならば強力な営業ツールとして、契約に結びつける武器として名刺を考えてみてはどうっすかね?

見本の名刺
こちら、うちのバカやろうが作った、すでになんだかわからない名刺。

おっと、真似するなよ?(´・ω・`)

自己紹介にも書いてあるとおり、わたくし
施設の責任者を(も?)やっております。その関係上
いろんな業種さまの名刺を束で持っているのですが……
「この人……何をする会社の人だっけ?ハテ」
な名刺も少数(実は結構)あったりします。

そんな結果になったらもったいないですよね。
思い出してもらう為の情報は多ければ多いほど良いのです(`・ω・´)シャキーン
ってことで、私の名刺は顔写真が入っていたり

  • 会社名
  • 名前
  • 住所や電話番号、メールアドレス

の他、なにをしている会社で、どんなセールスポイントがあるのか
顔写真や得意な事、趣味など、私はどんな人間であるのか
などなど、名刺の活用方法は無限大なんじゃないかと思います。

そんな“当たり前の事しか書いていない。面白くない名刺”じゃない名刺を、素敵デザインで作れたらとても(・∀・)イイ!

そんな素敵名刺を作ったら、ぜひ人に配りたくなるんじゃないか?
営業の方なんかは、いかに名刺を配るかが一つのポイントだったりするんじゃない?
お店を経営されている方なんかは、インパクトを与える個性的な名刺を持っていれば、印象を残しやすいんじゃない?

成績を上げる魔法の名刺。あると思います。

ただし〜、間違った名刺なんてのもあります。
上の例(バカやろうの名刺)とか?
基本を押さえた上で考えてみて下さいね〜(✿ฺ-ω-)

 

↙︎おすすめの名刺本。

面白いお話が載っている本。↗︎


The following two tabs change content below.

alice@

designer
主にデザインレイアウトを担当しているグリッドレイアウト好きっ子です。 本業は某有名企業の施設責任者で経営やってまっす+(o´∀`)ノ+。