Contact Info

Unkown

Phone: Secret

Web: noise+

広告に人物画像を使う場合のルール。

広告やデザインに人物を使う時の豆知識知ってます?
人物を使うことで、簡単に見る人の目線を操作できるんスよ( ^ω^ )

 

 

まず、商品やキャッチフレーズと一緒に人物を掲載すると、人は必ず人物から見ます。
そして、人物の目線を追うのですよ

つまり、キャッチフレーズや商品画像は、人物の目線の先に配置するのがよいです。

[…]

By |7月 5th, 2014|0 Comments

フォントにこだわってる?その1

 

イメージで魅せるのが昨今のデザイン事情ではありますが、蔑ろにしてはいけない重要な要素の一つがフォント。
フォントの世界は奥深いのです(`・ω・´)

例えばこれ、一般の方に一番馴染み深いMSゴシックとMacやiPhoneの純正フォントであるヒラギノとの比較。

並べてみると美しさの違いが一目瞭然なのではないでしょうか(´・ω・`)
デザインに携わる方が、MSフォントを使っているのを私は見た事がありません。 […]

By |1月 31st, 2014|0 Comments

ロゴが重要なんだと、なぜアナタは気づかないのか?

店舗ロゴ、企業ロゴはとても重要なものです。

アイキャッチと呼ばれるものでもありますが、イメージを見てパッと印象づけられた方が手っ取り早いじゃないですか。
大手企業さんなどは、このロゴ制作に莫大な予算をつけたりしているものです。(あっと驚くお安い金額で作っている大企業様もありますけど)

>> あの企業のロゴのお値段

[…]

By |1月 20th, 2014|0 Comments

どんなに小さくても、目にしてもらう事ができる最上の広告。

広告っていうのは、ただ目立つだけのものではいけません。
デザインというのは、ただ素敵であるだけでは意味をなしません。

どちらにも共通しているのは、「理解しやすいこと」っす。
“見やすい” “読みやすい”それが大前提ですので、目的を見失っては本末転倒ですよね。
きっと、目立ちたい。美しいものを作りたい。が目的ではなく、商品であったりサービスであったり
あなたのお店や企業を売り出すために作るのだと思います。 […]

By |1月 19th, 2014|0 Comments

お客様にサービスを提供するのは当たり前の事でしょ?

紙面。と言うものについて、今一度考えておくべき事がある。
それはユーザビリティと言う概念。

ユーザビリティとは“使いやすさ”の事なのですが、主にWebサイトなどで使われる言葉です。
Webページは、まぁどこまででも自由にレイアウトが出来る媒体ですので、自分だけの個性あふれるデザインのページを作成する事も可能ではあります。

Webサービスが芽吹いてきた最初の時期には、デザイナーの方がこぞって他には無い凝ったデザインのページを作成したものです。
しかし、そんな時代は長くは続きませんでしたね
それは、“凝ったデザインのページは使いづらい”からに他なりません。

結局、閲覧者(お客様)が慣れ親しんだレイアウトこそが至上のデザインとして定着した結果です。
まるでテンプレートのように、ページ上部にナビゲーション。左(右)サイドにサブメニュー。下部にはフッターと言う
誰もが一度が利用した事のある普遍的デザインに落ち着いたのです。

デザインは、ルールのなかで競うもの

でもこの概念は、もちろんWebサービスに限定されるべきものではないと思います。
紙面媒体でも同じ事。読みづらい見づらいデザインはゴミ箱行きですわ〜

そして、私の思う「一番ユーザビリティから遠い場所にいる媒体」がこちらです。

読み手に慣れを強要する媒体。
ニュースを伝える気があるのか?と言ってあげたいところです。

ハッキリと時代遅れ
1つ目のニュース、2つ目のニュース……という新聞の概念も理解できない。

ニュースの重要度など、こちら(読み手)で判断するわ!

今時の情報の読み方なら、トピックスを一覧から把握し、興味のあるニュースはサマリーで読む。

読ませる事を生業としていながら、読ませる努力をしていない。
もしくは、そのベクトルが見当違い。

読み手に媚びないその姿勢。そんな事をしているから衰退するんだと思います。

By |1月 17th, 2014|0 Comments
Top